おはようございます。
コロナの関係で例年より11日短い31日間の夏休みが終わり、今日から2学期が始まりました。
皆さんの元気そうな顔を見られて校長として嬉しく思います。
朝のニュースで話していましたが、今年の8月は戦後最高の平均気温で2.1度も高かったようです。
そして、今日9月1日。今朝は、不思議なくらい蝉の声もピタッと止み、秋の虫の声が聞こえるという、線を引いたように夏から秋へ季節の変わり目を感じた人も多いかと
思います。

 しかしながら、新しい生活様式でWITHコロナという言葉がありますが、ワクチンの開発ももう少し時間がかかりそうです。まだまだコロナウィルスとうまく付き合っていく必要がありそうです。
感染予防のための日音ルールをしっかり守りながら学校生活を送っていきましょう。

 2学期の最初は、今週末の日音祭から始まります。
コロナの影響で例年のような十分な練習はできませんでしたが、あと数日、最高のパフォーマンスができるように気力を振り絞り練習に取り組んでください。
今回は、ゲネプロで保護者の方に、本番は皆さんの後輩になるかもしれない中学生とその保護者の方を対象にステージ発表を行います。今まで授業やレッスン、放課後の部活動で培ってきた成果を十分に発揮して大きな拍手がもらえるように頑張ってください。

 また、2学期は一年で一番長い学期です。
皆さん一人ひとりが、自身の大きな夢の実現に向けて、基本的な生活習慣「あじみこし」を実践しながら、新たな目標を立て、「知性と芸術の融合」を目指して実力をつけてください。
 今日は一つ四字熟語を紹介したいと思います。
事務局入口の右にある校長の掲示板に本日九月のひと言として掲示したものです。
それは、「一意専心」ということばです。
この言葉は、「他のことに心が迷ったりしないでただひたすら一つ決めた目的のために心を集中させる」という意味です。
是非とも心にとめて学校生活を送ってください。

 最後になりますが、本日は防災の日です。
私の話のあとに松本教頭先生から避難訓練について指導があります。
いつ起こるかもしれない自然災害に備えて、本番は練習のように練習は本番のように行動ができるように取り組んでください。

 以上で2学期始業式のお話を終わります。