おはようございます。
今年は、梅雨が長く、関東地方はまだ梅雨明けにならないようですね。いつになったら夏らしい蝉の声が聞こえるのかと待ち遠しい気持ちにもなります。
しかしながら、7月後半から8月上旬には、突然猛暑になるかもしれないと長期予報で報道されていました。熱中症やノロウィルスには十分気をつけてください。

 さて、今日は1学期の終業式。
まずは、一人ひとりに通知表が渡されますが、成績はもちろんのこと、担任の先生からの所見欄もよく読んでください。保護者にも見ていただくとともに今学期の自分の学校生活は何を頑張れて何が不足していたのか振り返ってみてください。
今日の学活で学校だより・学年だより・コースだよりなどが配布されます。1学期を振り返る資料としても活用してください。

 今年の夏休みは、42日間となります。すでにフォーサイト手帳で夏休み期間中の計画は立てたと思いますが、まずは音楽・幼児教育・バレエ・舞台芸術コースそれぞれの専門・専攻に関する実技面の「基礎固め」に日々休むことなく努力してください。
また、長期休業中は、表現力を高めるための「感性を育む」「センスを磨く」のにもよい機会です。
有名なプレイヤーのコンサート(音楽・バレエ・演劇・ダンス等)に行ったり、映画を観たり、テーマパークに行ったり、美術館で絵画を鑑賞したり、家族で国内外に旅行をしたり、普段読めない長編の本を読んだり、部活動に燃えるなど、それぞれに工夫をしてみてください。
 次に「知性と芸術の融合」のもと、各教科から宿題がでています。
1学期の復習を含め、2学期の学習に繋げるような内容にもなっています。夏休みの早いうちから取り組み、後半焦ってまとめてやるようなことがないように計画的に頑張ってください。
 また、先週「進路体験報告会」がありましたが、日音卒業後の進路に関して、実際に大学や専門学校のオープンキャンパスに参加したり、様々な学校説明会に参加したりしてみましょう。
3年生は進路に関して直近の課題ですが、1・2年生のうちから進路に関して取り組むことは、自分の具体的な目標ができるので大切なことであり、決して早すぎるということはありません。
目標ができることで日音での生活も意欲的になってくると思います。
 さらに、夏休み中には、部活動以外にも個人的にコンクールやコンテストに挑戦する人もいると思います。
コースへの先生への報告・連絡・相談を忘れずに!
 指導部からも、夏休み中の過ごし方に関するプリント
が出ています。
注意事項を守り、ネットのことを含め校則違反のないように、「早寝、早起き、朝ごはん」をモットーに健康で安全な家庭生活を送ってください。

 ここで一つ皆さんに紹介したい言葉があります。
人前でパフォーマンスをする機会がある皆さんは、人を感動させることのできるプロになりたいという大きな夢をもっている人が多いと思います。自分がいつまでも夢中になれる大好きなことだから毎日毎日の大変なことにも頑張れるのだと思います。
しかしながら、失いがちなのが感動する心です。先ほど、たくさんのコンサートに行ってみてほしいと話ましたが、そのものに感動する心をもつことが大切です。その感動する心がなければ、誰かを感動させることはできないのです。

 誰かを感動させるためには、
  まず、自分が何よりも感動していなければならない。

 この言葉をよく覚えておいてください。

 最後に、皆さんにひとつお願いがあります。
本日の学活で担任の先生から学校案内等の入った日音の封筒が渡されます。
夏休み中に出身中学校への母校訪問をお願いします。

その際、担任の先生やお世話になった先生に皆さんが日音で頑張っていることをお話してきてください。
なお、封筒の中には、学校案内をはじめとする様々な資料とともに面会表のプリントが入っていますので中学校の先生に記入をしてもらってください。
もし、日音の各コースに興味・関心のある中学生の後輩がいたら、是非とも学校説明会や8月2日・21日に実施する体験入学、「サウンド・オブ・ミュージック」や各コースのコンサートに誘ってください。
よろしくお願いいたします。

 では、9月2日(月)2学期始業式に元気な姿で会えることを楽しみにしています。