新3年生、新2年生の皆さん、改めまして「おはようございます。」
 新たな2名の専任の先生をお迎えして、平成30年度が始まりました。今日を境に、また新たな気持ちで目標を立て、自分の目指す大きな夢に向かってがんばっていってほしいと思います。

 さて、私も日音の校長として三年目となり、昨年度の様々な反省に基づき、改めて魅力ある学校づくりのために学校経営方針を更新しました。この後、担任の先生から配布してもらいますが、各項目に目を通してください。そして、自宅に持ち帰り保護者の方にも渡してください。
 各教室に貼ってもらってありますが、もう一度将来の大人として社会人として身についていなければならない5つの基本的な生活習慣「あ・じ・み・こ・し」を確認しましょう。
「あ」はあいさつ。目上の方に自ら進んであいさつができること。
「じ」は時間を守り、自分自身の生活管理ができること。
「み」はTPOに合わせた身だしなみを整えること。
「こ」は言葉遣い。その場に応じた敬語が使えること。
最後の「し」は物事に向かう姿勢や授業を受けるときの姿勢を正しくできることです。

 次に、本校の目指す「知性と芸術の融合」を考えてほしいと思います。各コースの専門分野の授業やレッスン(学力の一つ)に向けて真剣に取り組むとともにすべての教科の授業を大切にしてほしいということです。高等学校で学ぶ教科のすべてのことは、いずれ専門の芸術の表現や幼児の指導にも役に立つことを知る時期がくることと思います。特に、五教科はその時間内に理解し、基礎学力として定着できるよう真剣に受けてほしいと思います。専門分野に多くの時間をかけなければならない皆さんです。後日教務から一学期の授業のシラバスが配布されますが、改めて進路に向けての受験勉強ではなく毎日の勉強そのものが、自分の進路決定につなげられるようにしてほしいと思います。

 そのために、昨年度からの新たな取り組みとして、自らの高校生活を見直すと共に自己管理能力の育成を目的として、フォーサイトというノートを活用してもらっています。うまく活用ができた人は更なる工夫をした活用を、うまく活用できなかった人は、まずはレッスンや実習に向けての時間や内容の工夫をした記入や定期考査に向けての具体的な計画の記入を心がけてください。

 4つのコースごと活動することが多いカリキュラムですが、同じ時期に学ぶ仲間として友人としてお互いを認め合い、様々な人とのコミュニケーションがとれる生徒になってほしいと思います。そのために、委員会活動や部活動、たくさんの学校行事等にも真剣に取り組み、お互いに連携・協力しあいながら、有意義なものとしてほしいと思います。また、違う学年や違うコースの先生方も皆さんを一人の日音生として、真剣に考え指導・助言してくれます。同じ屋根の下で生活するすべての生徒が、ともに思いやりの気持ちを大切にしながら、いじめのないクラスを心がけ、楽しく有意義な学校生活を送っていってほしいと思います。私も本校の教育環境の改善に努力するとともに、すべての生徒にアドバイスができるよう、日頃の皆さんの様子を見守りたいと思っています。

 最後になりますが、明日の入学式には65名の新入生が、大きな「夢」と「期待」、そして少しばかりの「不安」をもって入学してきます。皆さんは、日音生としての良き歴史と伝統を引き継いできた先輩として新入生にやさしく丁寧に接してほしいと思います。そのために、明日の入学式に登校してくる一人ひとりの新入生を笑顔で迎えてください。よろしくお願いいたします。

 以上で、平成30年度 校長の始業式のあいさつとします。