三年間の学習の成果を発表するための卒業公演が開催されました。

今年度は2月24日(内部公開)と2月25日(外部公開)の二日にわたり公演を行いました。
3年生にとっては最後の舞台。保護者やお客様、お世話になった先生方への感謝の気持ちを込めて
最高の舞台を作り上げる事が出来ました。

sotukou zen

「ハレルヤ」「この地球のどこかで」

 

< 幼児教育コース >

幼児教育コースは、日本音楽学校幼稚園ばら組の皆さんと一緒にコンサート形式で発表を行い、手遊び「コンコンきつね」「大きくなったら何になる」、歌「友達になるために」、ダンス「あしたははれる」を披露しました。 最後にばら組の皆さんからお祝いの言葉を頂き、感動のうちに発表を終えることが出来ました。

sotukou yo1

幼稚園ばら組さんの入場

sotukou yo2

手遊び「コンコンきつね」

sotukou yo3

手遊び「大きくなったら何になる」

sotukou yo4

歌「ともだちになるために」

sotukou yo6

ダンス「あしたははれる」

sotukou yo7
sotukou yo8

ごあいさつ

sotukou yo9

ばら組さんからのお祝いの言葉

 

< 音楽コース >

音楽コースは、3年間の集大成として、各専攻実技、そして声楽、木管、金管、ピアノアンサンブルを演奏しました。 仲間と共に音楽を奏でられた事が一番の喜びでした。

ピアノソロ
sotukou on1

Trois Etudes de Concert よりⅢ Un sospiro 
F.Liszt作曲

トランペットソロ
sotukou on2

Hungarian Melodies 
V.Bach作曲

トロンボーンソロ
sotukou on3

COLORS
B.Appermont作曲

声楽アンサンブル
sotukou on4

風をみたひと
  木島 始 訳詞 木下 牧子作曲

木管アンサンブルsotukou on5

Andante und Rond
 Doppler作曲
 

金管アンサンブル
sotukou on6

Ah Let Me Weep Sound an Alarm
 G.F.Handel作曲

轟木 敬編曲

ピアノアンサンブル sotukou on7

Le Cainaval Des Animaux Finale 
C.Saint-Saëns作曲

 

< 舞台芸術コース >

 「100万回生きたねこ」(原作 佐野洋子)を本校舞台芸術コース卒業公演のオリジナルミュージカル作品として、
脚本 阿部義嗣先生、演出・構成 熊谷藍先生、歌唱指導 南智子先生、振付 FUMIKO先生、作曲 芳賀一之先生に
ご指導頂きまして上演しました。

オープニング

「 オープニング」

「王様」

「王様」

「サーカス」

「サーカス」

「船乗り」

「船乗り」

「俺様はねこである」

「俺様はねこである」メスねこ

「俺様はねこである」俺様

「俺様はねこである」俺様

「恋の唄」 恋

「恋の唄」 恋

「恋の唄」 家族

「恋の唄」 家族

「別れ」 別れ

「別れ」 別れ

「別れ」 リプライズ

「別れ」 リプライズ

 

< バレエコース >

 バレエコースは、「めざめ Sleeping Beauty 夢は叶う・・・」を上演しました。チャイコフスキー作曲バレエ「眠れる森の美女」より、大塚礼子先生、尾本安代先生、山本教子先生に振付・構成をしていただきました。あたたかな拍手の中、生き生きと華やかに踊り、3年間の成果を披露することができました。

「妖精たちの踊り」

「妖精たちの踊り」

「コーダ」

「コーダ」

オーロラ姫のヴァリエーション

「オーロラ姫のヴァリエーション」

「オーロラ姫のお友達」

「オーロラ姫のお友達」

「オーロラ姫とお友達」

「オーロラ姫とお友達」

「パノラマ」

「パノラマ」

「ポロネーズ」

「ポロネーズ」

「宝石の踊り」

「宝石の踊り」

「フロリナ王女のヴァリエーション」

「フロリナ王女のヴァリエーション」

「猫の踊り」

「猫の踊り」

「オーロラ姫のヴァリエーション」

「オーロラ姫のヴァリエーション」

「フィナーレ」

「フィナーレ」

 

< 全員合唱 >

「ハレルヤ」「この地球のどこかで」

「ハレルヤ」「この地球のどこかで」