10月30日(月曜日)、音楽科音楽コースの特別教養講座として、今年もミラン・デヴェターク先生によるピアノコンサートが行われました。

今回、ミラン先生にはムソルグスキーの「展覧会の絵」全曲を演奏していただきました。
ピアノの音色がまるでオーケストラのように響きわたり、生徒たちは皆、ミラン先生の卓越した演奏に感動し、魅了されていました。

DSCF0966-2

〈プログラム〉
 モデスト・ムソルグスキー作曲 組曲 「展覧会の絵」
   第1プロムナード
    1.小人(グノーム)
   第2プロムナード
    2.古城
   第3プロムナード
    3.テュイルリーの庭
    4.ビドロ(牛車)
   第4プロムナード
    5.卵の殻をつけた雛の踊り
    6.サムエル・ゴールデンベルグとシュムイレ
   第5プロムナード
    7.リモージュの市場
    8.カタコンベ
   死せる言葉による死者への呼びかけ
    9.バーバヤガー
       10.キエフの大門

《ミラン・デヴェターク先生プロフィール》
 イタリアとスロヴェニア国籍を持つフランス在住のピアニスト。イタリア「モンカリエーリ国際ピアノコンクール」第1位、フランス「ニコライ・ルビンスタイン国際ピアノコンクール」第1位他、コンクールで多数入賞しており、これまでにイタリア・ベルギー・スペイン・フランス等ヨーロッパ各地で演奏会を行う。現在、パリの音楽院で後進の指導にも当たっており、パリやリスボンを中心に演奏活動を行っている。