2月は陰暦で「如月(きさらぎ)」と言います。
語源は諸説ありますが、
「寒さで着物をさらに重ねて着るから(衣更着)」
という意味もあるそうです。
衣服で体温を調整し冬を乗り越える智恵は、今も昔も一緒ですね。

ほけんだより1月号(全3ページ)
ほけんだより 1月号